きょうもおいしいこと、仕込み中。FROM TOKYO Diner

22:00

3 19

かけて、焼くだけ。おいしく調理は、オーブンにお任せ!

著書『かけ焼きおかず』の「はじめに」で、山田はこう言っています。

「料理は美味しいのがいちばんだと思います。

「かけ焼き」のレシピは、料理初心者の方や忙しい毎日の中で

手間暇をかけられない方でも

美味しいご飯が食べられるようにと思って考えました。

美味しいごはんにありつくには、調理しなくてはいけません。

一番難しいのは火加減かもしれませんね。

中火と言っても「どれくらいなの?」って不安になってしまう方も多いと思います。

この本のレシピは、

その難しい部分をオーブンに任せてしまおう!ということなんです。

食材を切って、並べてソースをかける。

あとはオーブンにお任せです。

オーブンはあなたの代わりに、

ごはんを美味しく調理してくれます。

 

「かけ焼きおかず」を作るステップは5つ。

①ソースやスープを作る。

②食材を切る。

③耐熱容器に並べる

④ソースをかける

⑤オーブンで焼く

 

オーブン料理ってちょっと手間がかかる、

だったらフライパンでちゃっと炒めてしまった方が早い、

と思っていたわたしも

「かけ焼きおかず」が我が家に来てから

オーブンをどんどん活用するようになりました。

 

「かけ焼きおかず」は、中華料理も得意です。

今日は「エビチリ」(小さな頃からこれが、本当に好きなんです)を

オーブンで作りました。

 

まずは材料を用意します。

 

ごま油

チリソースの材料は混ぜておきます。

(酒、トマトケチャップ、豆板醤、砂糖、片栗粉、水)

主役のエビ

長ネギ、にんにく、しょうがはみじん切りにしてバットに広げ

ごま油を回しかけてから、220度にあたためたオーブンで5〜8分焼きます。

(焦げすぎないように注意してくださいね)

焼きあがったら一度オーブンから取り出し、エビを並べて

もう一度よく混ぜたチリソースを回しかけて

オーブンでさらに10分焼きます。

エビを焼いている間に付け合わせのレタスとレモンを用意。

さぁ、エビが焼けました!

オーブンから取り出し、よく混ぜ合わせて

レタスの上に盛りつけたら完成です。

調理時間はざっと30分、

あっという間にできてしまいました。

お好みで、長ネギを添えても。

 

フライパンでエビチリをつくると、炒めすぎてしまって

エビがぱさぱさしてしまうことが多かったのですが

「かけ焼き」で作ると、火が通り過ぎるということはなく

ぷりっとおいしく出来上がりました。

 

作れば作るほど、「かけ焼きおかず」は便利だなぁと実感しています。

 

今週土曜日に行われるオーブン料理のワークショップでは、

そんな「かけ焼きおかず」の調理のコツを

山田がじっくりお教えします。

森崎繭香先生の「シートスポンジ」の作り方も、

実際にご覧いただくと

おうちで気軽においしいケーキを食べられる回数が増える

きっかけになるかもしれません。

引き続き、お申し込み受付中です。

 

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。


森崎繭香・山田英季「型がなくても作れるデコレーションケーキ」

「かけ焼きおかず」食べれて学べるワークショップ

日程:3月24日(土)
お昼の部:11:00開場 11:30〜13:30WS
夕方の部:17:00開場 17:30〜19:30WS

 

場所:神保町SAKAKI LAB.
住所:東京都千代田区神田小川町3-6-8 伸幸ビル6階
公式サイト:http://www.sakakilab.net/locations/

 

お申し込み:
<PassMarket>
お昼の部 https://goo.gl/fwHskm
夕方の部 https://goo.gl/weUtdi

 

<メールでのエントリー>
info@andrecipe.tokyoに
件名を「オーブン料理ワークショップ」としていただき
お名前、当日ご連絡のとれる携帯番号、
お昼の部・夕方の部どちらかご希望の回を明記して
メールをお送りください。
and recipeスタッフより、受付のご案内をさせていただきます。
参加費は当日会場でお支払いください。

(中学生以下のお子様の参加は無料です。保護者の方と一緒にお申し込みください)

参加費:5000円(税込)
お問い合わせ:info@andrecipe.tokyo(担当:小池)

Facebook share

11:56

3 17

オーブンイベント情報、macaroniさんに掲載していただきました。

森崎繭香先生と、山田英季先生に2時間たっぷり
オーブン「おかず」とオーブン「スイーツ」のコツを学べる
3月24日のイベント情報、
macaroniさんに取り上げていただきました。
「かけ焼き」書籍のプレゼントもありますよ!

記事はこちら

イベントは、引き続きチケット受付中です。

 

森崎繭香・山田英季「型がなくても作れるデコレーションケーキ」

「かけ焼きおかず」食べれて学べるワークショップ

日程:3月24日(土)
お昼の部:11:00開場 11:30〜13:30WS
夕方の部:17:00開場 17:30〜19:30WS

 

場所:神保町SAKAKI LAB.
住所:東京都千代田区神田小川町3-6-8 伸幸ビル6階
公式サイト:http://www.sakakilab.net/locations/

 

お申し込み:
<PassMarket>
お昼の部 https://goo.gl/fwHskm
夕方の部 https://goo.gl/weUtdi

 

<メールでのエントリー>
info@andrecipe.tokyoに
件名を「オーブン料理ワークショップ」としていただき
お名前、当日ご連絡のとれる携帯番号、
お昼の部・夕方の部どちらかご希望の回を明記して
メールをお送りください。
and recipeスタッフより、受付のご案内をさせていただきます。
参加費は当日会場でお支払いください。

(中学生以下のお子様の参加は無料です。保護者の方と一緒にお申し込みください)

参加費:5000円(税込)
お問い合わせ:info@andrecipe.tokyo(担当:小池)

 

 

Facebook share

23:36

3 15

1時間でできちゃうロールケーキ。

来週土曜日開催予定の

「型がなくても作れるデコレーションケーキ」

「かけ焼きおかず」食べれて学べるワークショップ。

 

「オーブン料理って難しそう…。」

いえいえ、そんなことはございません。

オーブンに入れたら、あとはほったからしで、

手軽にできてしまうオーブン料理とオーブンスイーツを学べる料理教室。

 

森崎繭香先生、山田英季先生の二人から

2時間たっぷりオーブン活用のコツを学べますよ。

来週に迫ったイベント、

ふたつの本の編集、ライティングを担当してくださった

長嶺李砂さんとイベントの打ち合わせ。

 

ワークショップの流れを追いながら、

新しいアイディアもどんどん出てきます。

シートスポンジをくるくると巻いたあと

デコレーションは何でする?

森崎先生のお菓子の本を見ていて楽しいなと思うポイントのひとつ、

スプーンやフォークでバリエーション豊かなデコレーションができてしまうのを

参加者のみなさんに、体験していただくのがいいかもしれないね。

こんなに簡単なら、お子さんと一緒に作れたら嬉しいかも!

と、わいわい盛り上がりました。

 

白熱した打ち合わせ。

遅い時間なのに甘いものが食べたくなって、

実際に「シートスポンジ」を作りながら打ち合わせの続きをしよう、と

21時45分にケーキの材料を測り始めました。

 

まずは卵黄とグラニュー糖を白くもったりするまで泡立てて、

次に卵白を泡立て、メレンゲを作ります。

卵黄生地とメレンゲをダイナミックに混ぜ合わせたら、

クッキングペーパーを敷いた天板に流し込みます。

 

カードで表面をきれいにならしたら、

190度に温めておいたオーブンで12~13分焼きます。

BALMUDA The Rangeの楽しい音を聴きながら…

 

焼きあがったら、生地は冷ましておきます。

冷めるのを待つ間に、生クリームといちごを用意して準備は万端。

生地が冷めたらクッキングシートにシートスポンジをのせ、

生クリームといちごを挟んでくるくるっとまけば

ロールケーキの完成!

スプーンでデコレーション。

ぽんぽんとのせていくだけで、かわいくなりました。

カットしたいちごをのせたら、

完成!!!!!

 

今何時何時?

完成の瞬間、時計の針は22時45分をさしていました。

材料を測り始めてから、きっちり1時間で完成。

(丸いデコレーションケーキにする時はもう少しだけ時間がかかります)

 

お菓子作りって、長時間かかるのが常と思っていましたが

もう一度言います。

 

なんと、きっちり1時間で完成。

 

3月24日のワークショップでは、森崎先生が

スプーンとフォークを使った生クリームデコレーションの

様々なパターンも見せてくださるとのこと。

 

お楽しみに!

 

実際にシートスポンジでロールケーキを作りながら、

これは、お子さんと一緒にデコレーションをしたら

とても楽しそうだな、と気がつきまして、

中学生以下のお子さまは無料で参加していただけるようにしよう、

ということになりました。

 

パスマーケットからお申し込みいただいたお客様で

お子さんと一緒に参加ご希望の方は

info@andrecipe.tokyoまで

お申し込み時のお客様のお名前とお子さんの人数をご一報ください。

 

それでは、会場でお待ちしています!

 

森崎繭香・山田英季「型がなくても作れるデコレーションケーキ」

「かけ焼きおかず」食べれて学べるワークショップ

3月24日(土)神保町SAKAKI LAB.にて。

お昼の部 11:00開場 11:30〜13:30WS

お申し込みはこちらからどうぞ。

夕方の部 17:00開場 17:30〜19:30WS

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

*チケットは現在、PassMarketで受付ておりますが、

info@andrecipe.tokyoにメールをいただく形でも、

参加エントリーをしていただけるようになりました。

件名を「オーブン料理ワークショップ」としていただき

お名前、当日ご連絡のとれる携帯番号、

お昼の部・夕方の部どちらかご希望の回を明記してください。

and recipeスタッフより、受付のご案内をさせていただきます。

参加費は当日会場でお支払いください。

ワークショップ参加費:5000円(税込)

お問い合わせ:info@andrecipe.tokyo(担当:小池)

Facebook share

22:24

3 13

3/24開催 森崎繭香・山田英季「型がなくても作れるデコレーションケーキ」「かけ焼きおかず」食べれて学べるワークショップ。

突然ですが、みなさん。
おうちにある「オーブン」て、活用してますか?

 

私は、というと一人暮らしを始めた時からもう、うん十年
我が家に鎮座するオーブンレンジの
「あたためる」レンジ機能しか使っていませんでした。

 

が、1月に発売になった山田の著書
かけ焼きおかず」が出てからというもの
今までオーブンを使ってこなかったことが
嘘のように、連日お世話になっています。

 

オーブン料理って
こんなに簡単で便利だったのか、と日々実感。
「かけ焼きおかず」のものすごくいい読者として
「あともう1品!」という時にオーブンに大活躍してもらっています。

 

そんな山田英季の著書「かけ焼きおかず」と
森崎繭香先生の「型がなくても作れるデコレーションケーキ」の
コラボイベントを開催することになりました!

3月24日(土)、場所は神保町にありますSAKAKI LAB.さんにて
お昼の部と夕方の部、2回のワークショップ。

 

実は、この2冊、出版元が同じグラフィック社さん。
そして、編集を担当してくださったのが、
グラフィック社の小池洋子さん。
現場でライティングや進行をがしがし進めてくださったのも
2冊とも長嶺李砂さん、撮影もどちらもカメラマンの福尾美雪さんという
なんだかご縁がたっぷり、
しかもどちらもオーブンを使って調理、
ということでイベントをご一緒させていただくことになりました。

 

ちゃんとふくらまなかったらどうしよう、
固くなったらおいしくないかも、と
スポンジケーキを焼くのってハードルが高く感じてしまいますよね。

 

森崎先生の「型がなくても作れるデコレーションケーキ」の通りに、
「シートスポンジを作る」ところからはじめると、
デコレーションケーキが今までよりぐっとぐっと
身近に感じて、嬉しくなってしまうんです。
そしてなにより、美味しい。
当日は、シートスポンジを焼き、くるくる巻いて、
皆様にデコレーションをしていただきます。

山田の「かけ焼きおかず」はタイトルにもなっているのですが、至極簡単。
野菜や肉、魚を刻んでソースをかけたらあとはオーブンにおまかせ。
ワークショップでは、鮭の梅味噌焼、青椒肉絲、きんぴらの
デモンストレーションをしたあと、
みなさまに試食をしていただく予定です。

そして、今回の陰の主役、いや、メインですね、の「オーブン」は、
山田がキッチンチームとして参加しているBALMUDAさんのご協力をいただき、
BALMUDA The Range」を使ってケーキを焼き、おかずを作ります。

 

BALMUDA The Rangeを実際に使ってみたかった、
触れてみたかったという皆様。
当日、思う存分、穴があくまでご覧いただき、
使い心地もチェックしてくださいませ。

 

オーブン料理のコツを学べて、ごはんもデザートも食べられるワークショップ。

 

みなさまのご参加をお待ちしております!

森崎繭香・山田英季「型がなくても作れるデコレーションケーキ」「かけ焼きおかず」食べれて学べるワークショップ。
3月24日(土) 神保町SAKAKI LAB.にて。

お昼の部 11:00開場 11:30〜13:30WS
お申し込みはこちらからどうぞ。

夕方の部 17:00開場 17:30〜19:30WS
お申し込みはこちらからどうぞ。

ワークショップ参加費:5000円(税込)
お問い合わせ:info@andrecipe.tokyo(担当:小池)

Facebook share

13:35

2 3

日曜日のオムライス。

明日は日曜日。
のんびり朝寝坊をして
朝昼兼用ごはんにオムライスはいかがでしょうか?

少し前に更新をしたものになりますが、
BALMUDA The Gohanのレシピページ
日曜日のオムライス」をご紹介します。

デミグラスソースを使ったオムライスも
コクがあって美味しいですが
家庭の味はやっぱりケチャップライス。

角切りにしたバターと牛乳をまぜた卵がポイントです。
ふんわり優しい味に仕上がります。

開運弁当のところでもふれましたが
今年のラッキカラーは黄色。
九星気学という占いで2018年は、「九紫火星」の年で
赤が開運を招く。
そして「戌年」の「戌」は「山」を表すのだそう。
黄色、赤、山の3つを連想させる食べ物、
「まっかなケチャプソースがたっぷりかかったオムライス」
が今年最強の開運フード!!

昨年アップしたレシピでしたが
「日曜日のオムライス」は
2018年の最強ラッキーフードでした。

バターの香りのオムライスといっしょに
おいしい日曜日をお過ごしくださいませ。

Facebook share